店長紹介

宇田秀昭 着物姿

こんにちは!店長の宇田です。
着心地の良い着物をお薦めいたします。
「お手入れ」「コーディネイト」など、お気軽にご相談下さい。
店長日記はこちら >>

携帯ページ

HOME»  名古屋帯

名古屋帯には大きく分けて、織り名古屋帯と染め名古屋帯がございます。
織り名古屋帯は袋帯と同じような織り模様で格式ある物、お洒落物でありながら一重太鼓の締めやすさを併せ持った帯。
染め名古屋帯は塩瀬、縮緬、紬地などお洒落に季節感やお遊びに適した一重太鼓帯。
反物で九寸帯(巾約34cm)、長さは1丈2尺2寸(約4m63cm)以上で帯芯を入れて仕立てます。
タレ部分を3尺(約110cm)くらい折り返して、お太鼓裏にして、それ以外手先に向かって胴二回り分を半分にして仕立て上げます。
ほか綴織り、紬織り、博多織りなどの帯芯なしで、かがるだけの八寸帯(巾約30cm)がございます。
こちらは太鼓の見える部分をかがらずにトンネルのように仕立て上げます。
二重太鼓風に見えるため、気楽さと格上の雰囲気を併せ持ちます。
名古屋帯の言われは、名古屋の裁縫学校の先生が考案されたそうです。

 

商品一覧

並び順:

名古屋帯
締め心地の良さ、永く大切にしたい帯、長さ・巾など思案してお仕立承ります。


このエントリーをはてなブックマークに追加